2011.12.27/新着情報

まい泉の被災地支援かつ力活動 【12】

12月に入りめっきり冬らしくなり、コートが手放せない季節となってきました。

まい泉青山本店の直ぐ近く、表参道のケヤキ並木では「表参道イルミネーション」が、そして宮城県仙台市では「SENDAI光のページェント」が行われ、毎日沢山の方々が、幻想的な光の並木を楽しんでいらっしゃいます。

 

仙台では、今年の津波で約55万個のLED全てを失いましたが、40万個を新規購入し、表参道イルミネーション実行委員会が6万球のLEDを貸し出し、開催にこぎつけたと伺っております。仙台と表参道が、同時期に美しい光の並木で照らされました。

 

11個は小さな光ですが、それが集まると人々に感動を与えるイルミネーションに、美しい『絆』を感じます。

 

 

1213日(火)宮城県東松島市の浜市小学校の皆さん(現在は小野小学校の一部をお借りして勉学に励んでいらっしゃいます)に、クリスマスプレゼントの『ヒレかつサンド』をお届けしました。

 

今回のサンタ役は、本田水産の本田社長と奥松島浜市で牡蠣の養殖をなさっている浜市の六人衆の鹿野様と本田水産工場長 木村様のお三方です。

 

まい泉では近年、浜市の六人衆が育てた牡蠣を、本田社長を経由して調達していました。今年の津波で浜市の皆さんは、養殖いかだ、船、自動車、家、全てを失われました。中にはご家族を失われた方も・・・。 

 

     鹿野様.jpg     木村工場長.jpg

 

 

                                                            クリスマスサンドカートン(大).jpg

今まで、浜市から届く牡蠣で、お客様に美味しい笑顔をお届けしておりました。今年は浜市にまい泉から美味しい笑顔をお届けしたいと思い、今年の6月から、3回『ヒレかつサンド』等をお届けしております。今年最後のお届けは、クリスマス限定パッケージのヒレかつサンド。お子さんが喜んでくださればと、一生懸命に作りました。

 

 

 

 

サンド手渡し(大).jpg 子供笑顔(大).jpg

 

まい泉からの『かつ力』を3人のサンタが、一人一人に渡してくださいました。

 

 

また、本田水産の従業員の皆様、浜市の皆様にもヒレかつサンドをお渡しできました。お忙しいところ本田水産 本田社長、木村工場長、浜市の鹿野様、この度はご協力頂きまして誠に有難う御座いました。

 

 

先日、浜市小学校の皆様よりクリスマスカードと御礼のお手紙とDVDを頂きました。DVDには皆さんの呼びかけと歌声のプレゼントが収録されていまして、とても感動しました。本当に有難う御座いました。

寒さ厳しくなりますがくれぐれもお体ご自愛下さいませ。

 

 

来年も『美味しい笑顔』が増えるよう、継続的に『かつ力活動』を行う所存です。被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。