新着情報一覧

2016.12.15

【コラム】まい泉のM-1グランプリ! 中編

『とんかつまい泉』で毎年開催の“まい泉”“ホスピタリティ”“ナンバー1”を決定する「M-1グランプリ」!まい泉が誇る接客のスペシャリストが全国から集い、知識・話術・おもてなしの心などをフル活用して、日頃の接客の様子を再現。その情熱や技術をみんなで讃えあい、グランプリを決定します。今回は、中盤4名の熱き舞台をご紹介しますよ!

◆新宿京王店 横関恵さん ★オススメ★「カキヒレ重」

笑顔のキラキラした横関さんが、自身の経験を通してもオススメしたかったのが「カキヒレ重」。カキフライをはじめ、ヒレかつやサツマイモ、カボチャにしし唐など、秋冬の味覚が凝縮された店舗限定販売のお弁当です。「実は、今までカキが苦手で食べられなかった…。」という横関さん。でも、まい泉のカキフライだけは別格だそう!お客様も「そこまで美味しいんだ!」と、興味津々の様子でした。「家族でお弁当を」というお客様のご要望に、男性にはボリュームのある「ヒレかつ弁当」、そしてお子様には小さめの丼はいかがですか?と、ケースに応じたご提案も。また、お会計の際には、「他におまとめの荷物はありますか?」「お足元の悪い中、ありがとうございます。」など、ちょっとした気配りと心づかいを。そして最後、お客様のお見送りする際のお辞儀がとても綺麗!痒いところに手が届き、なんだか心がほっこりする…。そんな温かな接客に思わずこちらも笑顔になりました♪

◆東京グランスタ店 北原千鶴さん ★オススメ★「東京駅丸の内駅舎 三階建て弁当」

まい泉歴12年というベテランの登場!オススメは、東京グランスタ店限定の「東京駅丸の内駅舎 三階建て弁当」です。ヒレかつサンドはもちろん、ミニヒレかつ丼、ミニそぼろ丼の3つが一度に楽しめる、グランスタの中でもひときわ人気の商品!この商品の写真が大きく載ったフリップを手に持ち、お声がけからスタートです。日々大勢の方で賑わうグランスタの様子がうかがえます。また、数量限定ということで、「1日に3回出てくるんですが、30分くらいで完売してしまうので…」と時間帯を説明するなど、知っていると嬉しい情報も盛り込みます。そんな北原さんがオススメする“もう1アイテム”は、やっぱり旬の「カキフライ」。いくつにしようか…と悩むお客様に「私なら2個くらいぺろっといっちゃいます!」と笑顔で一言。場内からも笑い声が出ました♪「山手線の守り神」というニックネームを持つ北原さんですが、攻守ともに抜群の力を発揮し、拍手喝さいでした!

◆阿倍野近鉄店 石原圭祐さん ★オススメ★「ヒレかつサンド ハニーマスタードソース」

なんと芸人でもあるという石原さん!声の張り、元気も出場者の中で1番!というほどパワフルなステージで、会場を一気に引きつけました。注文が入るたびに、(空想上の)他スタッフに向かって「ありがとうございまーす!かつサンド9切れいただきました~!」と声がけするなど、“魅せる”接客が進みます。また、阿倍野近鉄店は、関西で1番お弁当の種類が豊富。そんな中でも、おかずがいろいろと楽しめる「ごちそう海苔弁当」をチョイスするお客様に「たくさんおかずが入っているけど、もうこの鮭だけで、ご飯が全部食べきれちゃう!」とノリノリ。最後まで関西パワー全開でパフォーマンスを終えると、最後は「優勝確定だと思いました!」とニヤリ。これには場内も大爆笑!「こんな店員さんに接客してほしいな」と思わずにはいられませんでした。そんな石原さんのオススメは、西日本だけで販売されている「ヒレかつサンド ハニーマスタードソース」。蜂蜜の甘みとマスタードの風味は、通常のヒレかつサンドと一味もふた味も変化させています。独特のパフォーマンスでこれまでの流れをガラッと変えた、石原さんらしいセレクトです。

◆宝塚阪急店 竹藤貴之さん ★オススメ★「東京Xメンチかつ」

もう1人、石原さんに続いて関西からの登場となった竹藤さん。まい泉歴14年、関西のほとんどのお店を担当してまわり、調理も販売もこなすオールラウンダーです!「パーティーなので、揚げ物をいくつか選んで持っていきたい。」というお客様のご要望に、長崎県産の真アジフライ、メンチかつ、黒豚メンチかつ…など、てきぱきとご案内していく様子は、魚市場を見ているかのよう?!ついついお客様も「じゃあそちらも!」と頼まずにはいられませんでした。また、中でもオススメは「東京Xメンチかつ」。「メンチかつだけでも3種類あるので、食べ比べても楽しいですね!」との声に、パーティーが盛り上がりそう!とお客様も納得。お包みしながらも「最初の一口は、何もつけずにそのまま食べるのがオススメなんです!」というこだわりの一言を。そう言われると、食べるのが一層楽しみになりますよね♪ちょっと緊張して、いつもの雰囲気が出せなかった…という反省の弁もありましたが、14年の経験が随所に散りばめられたパフォーマンスでした!

 ここまでで7名が終了。後編では、ようやく出番がやってきた!と意気込む3名の爆笑?!ステージをご紹介します!