新着情報一覧

2017.02.10

【コラム】M-1 準優勝 池袋東武店 鳥毛さんインタビュー

昨年開催された『とんかつまい泉』のM-1グランプリ。全国から選ばれた販売員のスペシャリストが、接客や知識を競い、また深め合うイベントです。その舞台で栄えある準優勝を勝ち取ったのが、池袋東武店の鳥毛信幸さん。頑張っているスタッフに贈られる「まい泉オブザイヤー」受賞者でもあります!舞台では、大歓声の中、ムエタイのポーズで登場した茶目っ気たっぷりの鳥毛さん。まい泉で働く思い、そして驚きの夢とは…?

◆今回の結果にはびっくり??
 
 コンテストとは言っても、ぶっつけ本場ではなく、関西から参加のお2人を除いて、何回かみんなで合同の練習会があったんです。それなので、みんな仲良く励ましあいながら頑張れました。お互いのいいところを参考にできましたし、出場して良かったです。緊張ですか?もちろんしましたよ!僕は出番が最後だったので、それがきつくて…(笑)。でも、みんなのパフォーマンスが聞こえてくるので、「全員頑張れ〜!」という気持ちでいっぱいでした。
 本番は、ちょっとうまくいかなかったですね。練習で制限時間が余ったので、とにかくお話をすることを意識しました。とりあえずは笑いも取れたようだし、それだけは良かったなって(笑)。この結果ですか?驚きです。場内からの同情票だと思っています。

◆いろんな店舗を担当して

 最初は、派遣社員として『とんかつまい泉』に入りました。地方の出身なので、そこで初めてまい泉を知ったのですが、はじめはとにかく言われたことを一生懸命やるので精一杯。それからしばらくして社員になったのですが、銀座や新宿、青葉台に渋谷、八王子に町田など、あらゆる店舗を担当させてもらいました。お店によって、お客様もアプローチも、何もかも変わります。思い出の場所は…青葉台店でしょうか。スタッフも少数精鋭で、ずっと同じお客様が支えてくれていたので、思うままにチャレンジができたというか。接客や販売の勉強を密にできたと思います。応援の声が多かった?いろんな店舗を回ったおかげかもしれませんね。「あぁ、あいつか」っていう…(笑)。

◆池袋東武店は、ここがおすすめ!

 池袋東武はアットホーム?そうですね。昔ながらのデパ地下といった感じかもしれませんね。すぐ近くにリニューアルされた池袋西武もありますが、また雰囲気が全然違いますよね。池袋の観光スポットは西武側に多いので、どちらかというとこちらは、地元の方や東上線を利用される方が多いんです。うちのお店のアピールポイントは、丼物やお弁当系が多いところでしょうか。コンテストでもオススメとしてピックアップした「紅豚ロースかつ弁当」は、うちだけの限定なので、ぜひお試しくださいね。甘くてクセがなく、また融点の低い脂なのでとろけます。絶品ですよ。

◆将来の夢は、ワールドワイド!

まい泉オブザイヤーを受賞した時に、海外研修でシンガポールに行かせてもらったんです。その時が初海外だったんですが、良いですねぇ…海外。チャレンジしたいことですか?僕、ハワイ店ができたら、店長やりたいですね(笑)!日本の方も多いですし、きっと食文化もすぐ受け入れられそうな…。ハワイ店限定メニューですか…。パイナップル揚げたりしますか…(笑)。それは冗談として、いろんなことできそうですよね。タイ、フィリピン、そして台湾と『とんかつまい泉』がどんどんグローバルになっていますから、あながち夢じゃないかも…?いや、難しいでしょうけど。ぜひ行きたい?本当ですか?お迎えしますよ!「アローハー!」って!

 爆笑話の連続だった鳥毛さん。池袋から一気にハワイへ?!“紅”豚が“青”い海へ?!ぜひお近くにお立ち寄りの際は、応援の一言、よろしくお願い致します!