新着情報一覧

2018.01.26

【コラム】まい泉のソースって何?その謎に迫る!

photo

最高においしいとんかつを召し上がっていただくために…。肉や衣、仕込みの方法もそうですが、味の決め手となる大切な要素の1つといえば、ソースです。そこには『とんかつ まい泉』のこだわりが、たくさん溶け込んでいるんですよ!

◆ソースって何?

 最近はスーパーでも多くのソースを見かけますよね。さらっとしたウスターソース、どろっとした濃厚ソース。細かいことを言ってしまうと、野菜や果物の含有率に粘度、塩分などで規格が明確に定められているんですが、難しい話は少し置いておくとして…。まい泉のソースは「とんかつにぴったり合うおいしいソース」ということを大前提に、選任の製造者がオリジナルのレシピで作った特別なものなんですよ♪

 このソースという調味料、実は意外とヘルシー!ドレッシングやマヨネーズといった油を含む物に比べてカロリーは控えめですし、塩分は醤油よりも低いんです。野菜や果物をたっぷり含んでいるのも嬉しいですよね。

 ではお待たせしました。ここからはまい泉のソースに目を向けてみましょう。

◆まい泉のソースの種類は1つじゃない!
 
 『とんかつ まい泉』には、何種類のソースがあると思いますか?レストランのテーブルに備え付けられた「辛口」と「甘口」の2種類?…それだけじゃないんです。黒豚のメニューをご注文いただいた時にだけお付けする「黒豚専用ソース」、そしてかつサンドに使用されている「サンドソース」の4種類があるんですよ♪でも、一体何が違うのでしょうか?まずは簡単にその特徴をご説明しますね!

《辛口》
いわゆるさらさらとしたウスターソース。すべてのソースのベースとなり、ぴりっとした辛味と酸味が楽しめます。魚介などにおすすめ。

《甘口》
辛口にトマトや果物がさらに加えられ、濃厚で甘味の増したソース。すべての揚げ物には、基本的にこちらのソースをおすすめしています。

《黒豚専用ソース》 
すりおろした果物が加えられているため、甘口よりもさらに甘味が強く、フルーティーな香りや舌触りも楽しめるソース。しっかりとした味わいのある黒豚と合わせれば、まるでフランス料理のよう?!

《サンドソース》
甘口をベースに、さらに旨味を足したかつサンド用のソース。この濃厚なソースがパンとかつをつなぎ合わせる役割も。

 いかがですか?実際に比べてみると、味はもちろん、色やとろみにもはっきりと違いがあるのがわかります。レストランにお越しの際は、ぜひお試しくださいね。

◆どうやって作られているの?

 さて、これらのソースはどのように作られているんでしょうか?本当はすべて企業秘密…と言いたいところなんですが、特別にほんの少しだけお伝えしましょう。

 まずは、タマネギやセロリをはじめとした野菜を高温で煮て濃厚なスープを抽出する作業から始まります。そしてその野菜をさらにペーストにしたものや、香辛料、トマト、酢や塩、砂糖などが加わり、まずはウスターソースが出来上がるんです。そしてそこからさらに多くのトマトペーストや果物を加えていったのが、甘口になります。この果物も特徴で、国産の限定された品種をたっぷりと使用しています。
 一気に作り上げるのではなく、段階を踏んで徐々に作り上げられていくので「重ね製法」と言われているんですよ。それだけ手間暇かけられているんですね。また毎回作るたびに味が変わってしまう…ということのないように、品質や安全管理は徹底的に行われています。野菜や果物はまったく同じものはないわけですから、一定のクオリティを保つのも大変な作業です。

◆これまでもこれからも愛されるまい泉のソースへ

 こだわりがたくさん詰まったソースですが、実は甘口のソースは瓶でも販売しているんです!ご自宅でまい泉の味をお手軽に楽しめますのでぜひチェックしてみてくださいね♪

■画像ダウンロード