会社情報

企業理念

私たちは、
「お客様の美味しい笑顔」の為に、
商品を「まごころ」をこめて製造し、
「おもてなし」の心をもって
販売することを
常に心がけていきます。

そして、会社を取り巻くすべての人に
「いい会社だね」といって頂けるように、
様々な努力を続けてまいります。

お客様第一の心を大切に

創業者である小出千代子は「お客様第一のこころ」を大切に、とよく申していました。この企業理念は従業員ひとりひとりが共有すべき価値観と方針を明確にするために作成したものです。

まい泉では創業からの志を受け継ぎ、お客様の美味しい笑顔のために、さらにいい会社になれるよう、従業員一丸となって努力していきます。

社長挨拶

「とんかつ まい泉」は、1965年の創業以来、素材にこだわり、技術にこだわり、お客様第一の心を大切にしながら、「箸で切れるやわらかなとんかつ」を提供し続けてまいりました。

どんなに時代が変わっても、ひとがおいしいものを食べたときの笑顔は変わりません。ひとりでも多くのお客様においしい「とんかつ」を召し上がっていただくために、創業の信念のもと日々努力を重ねてまいります。

「とんかつ まい泉」は、「安心・安全でおいしい」を実現し続けるために、原材料、製造技術、衛生管理、製品はもちろん、接客サービスにいたるまで、すべての面において質の向上を目指します。そのために社員ひとりひとりが常にチャレンジする気持ちをもって進んでまいります。

お客様の美味しい笑顔。それが私ども「とんかつ まい泉」の喜びとなるのです。

井筒まい泉株式会社
代表取締役社長 岡本 猛

会社概要

所在地〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-8-5
設立昭和40年(1965年)11月30日
代表者代表取締役社長 岡本 猛
事業内容とんかつ及び揚げ物、和風・洋風・会席料理等のレストラン運営
ヒレかつサンドをはじめとする各種お弁当・和風惣菜の製造及び販売
卸・通信販売・ケータリング事業
取引銀行三井住友銀行 本店営業部
三菱UFJ銀行 渋谷中央支店
グループ会社株式会社シービーサービス

地域・社会に
対する
取り組み

地域活性化に貢献しています

本社所在地である渋谷区にある青山本店は地域商店街の中核的な存在として、地元の方々に親しまれています。地域の一員としての責任を果たすため、「街づくりの会」に参画するほか、交通安全活動や放課後クラブなどにも協力しています。

こどもたちの頑張りを応援する
「こどもプロジェクト」

次世代を担うこどもたちの健やかな成長を応援するため、2011年から「こどもプロジェクト」を展開しています。主にスポーツを頑張るこども達を応援するため、ジュニアゴルフ、少年サッカー、少年野球の活動にヒレかつサンドを提供しています。

美味しさはもちろん、「カツ」と「勝つ」をかけたゲン担ぎ的な意味もあり、こども達はもちろん、保護者からも好評いただいています。

環境に
対する
取り組み

食品リサイクルの推進

早くから廃油の100%リサイクルを実現するなど、食品廃棄物の排出量削減とリサイクルに注力しています。「ヒレかつサンド」製造時に切り落とされるパンの耳については、パン粉製造者や飼料製造者に販売するなど、有効活用してきました。

これらの取り組みの結果、高津工場ではリサイクル率100%、店舗では約50%を維持しており、今後もさらなる向上に努めていきます。

食品リサイクルによる
オリジナル豚肉「甘い誘惑」

まい泉では、2012年に、飼料製造業者や養豚事業者との連携のもと、「ヒレかつサンド」のパン耳を飼料として育てたオリジナル豚肉「甘い誘惑」を開発し、とんかつなどの原料として利用する取り組みを開始しました。また食品リサイクル法の定める再生利用事業者として届出・登録しました。

オリジナル豚肉「甘い誘惑」は、2020年3月時点では月に約30頭の提供ですが、今後はさらに規模を拡大していく方針です。

オリジナル豚肉「甘い誘惑」

食の安全と品質に
対する
取り組み

衛生管理体制の確立

まい泉では、レストランや直営店舗で調理したてのとんかつを提供していますが、食材の加工や下ごしらえなどは、高津工場(神奈川県川崎市)、都筑工場(神奈川県横浜市)、大阪工場(大阪府大阪市)の3工場で行っています。

最初の工場である高津工場は1995年に設立され、2008年には規模の拡大にあわせて衛生管理面も含めた全面改装を行い、汚染防止のためのゾーニングと気圧管理、異物混入防止のための金属探知機、X線探知機などを導入しました。

また、品質衛生管理部を中心とした組織体制を整備するとともに、エアシャワーや粘着ローラーなど毛髪対策や、作業室に入室する際のルールを徹底しました。さらに、カードロックの導入や、工場内の順路を一方通行にするなど、物理セキュリティ対策も強化しました。

これら設備面での取り組みと基準やルールづくりを推進したことで、2010年には品質管理の国際規格であるISO9001の認証を取得しています。

国内均一の品質管理体制

高津工場の活動で培った品質管理の手法やノウハウをベースに、2013年に大阪工場、2016年に都筑工場を設立しました。各工場ともに徹底した品質管理に取り組んでおり、品質の維持向上に努めています。

また、フードディフェンスの観点から各工場に品質保証カメラを設置し、防犯体制を整備すると共に、作業の可視化による品質管理向上を図っています。

衛生管理教育の徹底

「食の安全・安心」を支えるのは、従業員一人ひとりの食品衛生に対する知識と意識です。このため、パート・アルバイトを含めた全従業員を対象に、徹底した衛生管理教育を実施しています。

e-ラーニングの受講率は100%を維持しています。