新着情報一覧

2018.12.14

【コラム】まい泉のNo.1は誰だ!? M-1グランプリ開催!

『とんかつ まい泉』毎年恒例の社内行事、M-1グランプリ。意味はずばり、「まい泉・ホスピタリティ・ナンバー1」!第5回目となる今回も、熱戦が繰り広げられました。ぜひその模様を、みなさんにもおすそ分けさせてください♪


◆M-1とは…?


『とんかつ まい泉』の販売店、そしてレストランから、選び抜かれたスタッフが壇上に登場。ステージ上に再現された店舗で接客を披露し、「お客様へのおもてなしの心」を競い合います。しかし、ただ優れた人を決めるだけではありません。その技術や情熱をみんなで讃えあい、共感していこうという趣旨のコンテストなんですよ♪今年も販売部門(社員、パート・アルバイト)、レストラン部門と各4名ずつがチャレンジ。場内には声援や笑い声が広がり、とっても盛り上がりました!


◆ルールと採点のポイントは…?


―販売部門


制限時間7分以内で、お迎えから販売、そしてお見送りと、通常の作業を全て完了しなければなりません。笑顔やお声がけ、丁寧な所作や言葉遣い、知識、ニーズを捉えた提案や消費期限の確認など、審査員による採点ポイントは盛りだくさん。また各自が決めたオススメの商品を1品提案すること、お客様からランダムで質問が飛び出すシチュエーションなどもあり、気が抜けません!


―レストラン部門


こちらも、ご注文からお食事の提供、そしてお見送りまでの流れを短時間で再現します。ポイントは、笑顔や話し方はもちろん、歩き方や動作、お客様の行動を先読みする力など。例えばお客様にはわかりづらい豚の銘柄の説明や、キャベツのおかわりのよそい方、言われないうちにお茶を注ぎたす…そんな1つ1つの行動もチェックの対象です。接客スキルはもちろんですが、「またこのお店に来たいな」と思ってもらえるような魅力も必要になります。


◆販売部門(社員)
 

―出場者は「アトレ吉祥寺店」「エキュート上野店」「ルミネ新宿店」「梅田大丸店」の4名。


4名全てが店長という熱い戦いになりました。トップバッターのアトレ吉祥寺店は、「大きなアジフライ」をオススメ。通常販売されている「アジフライ」よりボリューム約3倍、値段は約2倍とお得!など多くの商品知識を披露しました。かたやルミネ新宿店は、押し付けがましくない接客でお客様との滑らかなトークを展開。また関西流のアピールでぐいっと引きつけた梅田大丸店は、緩急つけた話し方に審査員も思わず唸るなど、さすが店長クラス!といったステージが続きます。若干25歳ながらも堂々とした接客で終えたエキュート上野店は、前店長からの手紙が朗読されると、思わず涙が堪えきれず…。笑いあり涙ありの4名がオープニングを華々しく飾りました。


◆販売部門(パート・アルバイト)


―出場者は「エキュート立川店」「横浜そごう店」「大阪髙島屋店」「ルミネ大宮店」の4名。


「昭和公園でピクニックはどうですか?」など立川ならではの会話が楽しかったエキュート立川店。オススメするだけではなく、お客様との何気ない会話がスムーズに繰り広げられました。その流れで登場した横浜そごう店も、プッシュするだけでない優しい接客に終始します。なんとお子さん2人もまい泉で働く「まい泉一家」のお母さんということもあり、温かく包み込むようなステージにほっこり。大阪髙島屋店は、とにかく丁寧な言葉遣いやお礼が目を引きました。お客様も毎回気持ちよくお買い物ができそう!ラストのルミネ大宮店は、登場するなり元気な声が響き渡ります。笑顔やアイコンタクトもバッチリ。説明する時は落ち着いて、盛り上げるところはガッツリと。パート・アルバイトとはいえ熟練の技が輝いた4名でした。


◆レストラン部門


―出場者は「青山本店」「渋谷ヒカリエ店」「ルミネ荻窪店」「ルクア イーレ店」の4名。


トップバッターは、まだ入社2年目での大抜擢!青山本店から。優しい口調と、座られているお客様にかがんでアイコンタクトを取りながら接客する姿勢は、若さを感じさせない落ち着いた接客!熱血店長から太鼓判を押されて登場した渋谷ヒカリエ店は、自分の食べた感想を交えながらの提案や、ゆっくりとした動作で、出過ぎない接客を。あどけない笑顔が魅力のルミネ荻窪店は、いつもの接客ができているんだろうな、という安心のクオリティ。常連の方が多いというのも納得です!そして大トリを飾った大阪のルクア イーレ店。くどくない説明と、それぞれの席の様子をしっかりと把握する様子は、貫禄でした。


◆優勝者は…!


―販売部門(社員)「ルミネ新宿店」「梅田大丸店」のダブル受賞!


「(ルミネ新宿店)自分の接客を見直すチャンスになりました。他の店舗にはないものを!というチャレンジ精神で頑張りたいです。」


「(梅田大丸店)研修の時に、販売するものは自分でしっかりと食べて、その感想を伝えることを教わりました。これからもお客様を楽しませながら接客したいです。」


―販売部門(パート・アルバイト)「ルミネ大宮店」


「フレンドリーになり過ぎす、でも楽しい気持ちで!というのが接客のポリシー。まい泉のネームバリューに頼るだけではなく、新しいお客様をどんどん増やしたいです!」


―レストラン部門「ルクア イーレ店」


「目標は、もっと大阪を盛り上げることです!笑顔と距離感を大切に、接客の楽しさを後輩の子たちにも教えていきたいですね。」


◆参加者の声


―「(大阪髙島屋店)デパートだと忙しい時間帯もありますが、お客様をあしらうようなことはしたくありません。丁寧な接客をこれからも心がけます!」


―「(エキュート上野店)過去のM-1を見て、ますます接客したい気持ちにさせられました。お客様は1人1人違いますので、可能性は無限大。同じような接客で終わることがないよう、これからも自分を成長させていきたいです。」


―「(青山本店)本店がしっかりしないと!という良いプレッシャーの中でできました。今回のM-1を機に、お客様から褒めていただけるような接客をもっと頑張ります。」


最後に岡本社長からは、「全員が僅差。ここに来れるレベルの人が、まい泉全体にひしめき合っていると信じています。」と笑顔のコメントが。ぜひみなさんも『とんかつ まい泉』にお越しの際は、揚物やお弁当だけでなく、接客も楽しみの1つとしてお持ち帰りくださいね♪

■画像ダウンロード